魂の『脱皮』が始まるサイン

お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です。

去年(2014年)秋以降から、私には気になっている事があるのですが、それは、いつものようにカウンセリングをさせて頂いていると、「最近、やたらと子供の頃の感覚や記憶が蘇って来るんですよ。」…と、何人ものご相談者の方からお聞きしているんですよね。。。

それは、単に子供時代の出来事を思い出して、それを大人の今の感覚で懐かしむというのではなく、大人の自分に起こっている目の前の現象を、子供の頃の目で捉え、その頃の感覚と感情が生じる。…というものなんですね。。。

それによって、どれだけ今の自分は、心を偽って生きているのか?

無意識に我慢をしていたのか? …に気付く方が多いんですよね。

…かと言って、ストレートに自分の感情を周囲の人達に曝け出す事も躊躇されるので、それはそれで、かなりストレスになってしまわれている方も多いようなんですね(^-^;)

 

そんなご相談者の方々に、私は「敢えて、素直に表現してみて下さいね。」
…と、お願いする事があるんですよ。

それというのも、この現象は、古い殻(今の自分を取り繕っているもの)が打ち破られて、いよいよ内面(本当の自分)が出現しようとしているために起っている現象の一つだからなんです。

古い殻を脱ぎ捨てる際には、自分の本性(本当の自分)を曝け出す行程が、どうしても必要なんですよね。。。

それなのに、またいつもの自分の殻を被り直そうとすれば、折角訪れた『脱皮』の時期を、自分で逃してしまう事になり兼ねないんですよね。

いえそれどころか、その時期を逃して、また古い殻に戻るという事は、本当のご自分を偽り(殺し)ながら、嘘の自分を生きて行くという事になるんですよね、、、(>_<)

勿論、感情を解放させるというのは、ただ感情のままにぶちまければ良いというものではなく、ちゃんと周囲が理解出来るような表現をしなければならないんですよね。

何故なら、それによって双方に『赦し』や『癒し』や『和合』がもたらされて初めて『脱皮』が成功したという事ですが、ただ単にお互いが不愉快になるだけで終わってしまった場合は、そこに『負のカルマ』が生じてしまうだけですからね、、、(^-^;)

しっかりとご自分の『本性』の『想い』や『感覚』を、まずはご自分で汲み取って差し上げて、どのように周囲の方達にお伝えすれば良いか?

をよくよく考えてみて頂きたいと思いますよ。。。

それから、ご自分の身勝手なエゴや依存心から、周囲に対する不平不満を抱いている状態と、『脱皮』の状態とは全く違いますので、くれぐれもそこだけはご注意下さいね。

エゴや依存心という自分勝手な感情を、周囲の方にぶちまけてしまえば、これもまた、どちらも不愉快になってしまい、互いに『負のカルマ』を生じさせてしまうだけに終わりますからね、、、><;

ですからそういう方の場合には、まずは、何がご自分の『ストレス』になっているのか? に気付いて頂いて、そこから、ご自身を『容認』し、『赦し』『癒す』事などを、ゆっくり行って頂きたいと思いますよ(^-^)
さてさて、この『脱皮』の時期に訪れる、『子供の頃の感覚と記憶』に気付ける方、気付けない方。色々とおられるかも知れませんけれど、誰にでも、『脱皮』の時期が訪れるはずですから、できるだけ注意深くご自分の内面を見つめて、日々お過ごし下さいね。。。(^-^)

 

どうかどうか、皆さんがご自分らしく、伸び伸びと人生を送られますよう、心から願っていますね。。。

 

~いつも心のそばに~

か こ

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る